高校留学は柔軟性のある心や多様な意見を垣間見る良いチャンス!

SITEMAP

High school study abroad

誰でもできる高校留学!

将来を悩む学生

高校時代は部活動に励む生徒が大多数の中、一定の期間を得て国内から出ることも今後のグローバル社会に応じ必要になってきました。また異文化を体験して、社交的な人間性を若いうちから構築していくのも高校留学をするメリットだと思います。私もその一人でした。高校2年生の夏に人生で初めての海外(オーストラリア)へと出発しました。もともと内気で控えめな性格を一変してくれたのがまさにこの海外留学でした。
当時は両親に相談をしたところ、いくつかの留学エージェントに直接、問い合わせて希望などを聞いてくれながら日程をアレンジしてもらいました。出発から帰国までの流れについての説明や現地での学校生活と住まいなど、現地の物価や一般情報などもタイミングに合わせて説明してくれました。私の場合はオーストラリアのクイーンズランド州に1ヶ月と短めでしたが、長いと半年や1年間も滞在することもあります。
費用は国の物価状況などで左右しますが、私の場合は約25万円でした。高校留学に関しては成績の良しあしや向き不向きなどは一切に関係ないかと思います。「交流する中で性格の多様性」や「自分と全く同じ人なんて世界にいないのだから、違くてなんぼ、それぞれの個性を大事にしよう」という心が芽生えることでしょう。海外への留学は語学力のみならず、柔軟性のある心や多様な意見を垣間見る良いチャンスです。どんな人でもどんどん高校留学に積極的にチャレンジしましょう。

高校留学すると実感できる3つのメリット

高校留学する人が増えています。では、高校留学にはどのようなメリットがあるのでしょうか。今日は主に実感できる3つのメリットを記したいと思います。
まず高校留学の最大のメリットは語学が伸びるということです。特に今は国際社会、グローバルな時代ですので、英語を身につけていることは大きな武器となります。語学が伸びるために重要なのは環境です。まさに留学は語学が伸びるために必要な環境を整えることができるのです。また高校生という若い時期は語学力が伸びる時期ですので、タイミングとしても非常に良い時期と言えます。
次に実感できるメリットは人脈を作ることができるというものです。人脈というのはまさに財産ともいえるほど貴重なものです。留学することによってグローバルな人脈を築くことができます。これは日本にいるだけではできないことです。
最後にとりあげたいメリットは、コミュニケーション能力を身に着けることができるということです。これは単なる語学力ではなくて、人と仲良くすることや物事を判断することを指します。こうした能力というのはいろいろなタイプの人と接することによって身に着けることができます。
まさに高校留学することによって様々な人種、文化背景の人と出会うことができるわけです。

進学や就職にも有利になる高校留学

高校生のうちに留学をするメリットは色々あります。まず年齢が15~16歳という年齢自体が新しい環境に馴染みやすいという傾向が強いので、異国に飛び込んで行っても全く新しい環境の中でも困難を克服して高い適応能力を発揮する事ができます。そのため英語力の向上はもちろんですがその国の文化、習慣などもどんどん吸収していくので格段に視野を広げる事ができるのです。たとえ1年間という短い期間での留学だったとしてもかなり意義のある留学体験となる事は間違いありません。
高校生は多感な思春期真っ只中の時期ではありますが、高校留学で異文化に身を置く事によって、海外の自分と同世代の高校生との交流を通して広い視野を持つ事ができるようになります。この体験は柔軟性のある人格形成を促してくれるので将来的にグローバルに活躍するには非常にメリットになる事は間違いありません。
また語学に関してですが、これは年齢が若ければ若いほどスピーディーに英語を身に付ける事ができるという大きなメリットがあります。やはり20歳過ぎの大学生での留学と比較すると高校留学の方がはるかに英語の習得度が高い事がわかっています。高校留学をしている学生は本当の意味でのバイリンガルになれるというデータもあるので高校卒業後の進学、そして就職などに非常に有利になります。


将来の進学や就職で有利になるということを考慮して、いまのうちに高校留学をしておくというのは賢い判断でしょう。いましかできないことをやっていた学生というのは魅力的なので、高校留学でその経験を積んでおくのがおすすめです。高校留学をしておけば、経験を積めて、かつ将来の不安もかなり軽減できるので一石二鳥でしょう。

PICK UP

TOP